闘病日誌

生きてえ

6/4

 

朝起き。

ありえんぐらいの眠気に襲われ死亡寸前。なぜなら4時に寝たからです。4時!?!?!??!

自らと人間の愚かしさに後悔しつつ顔を洗って無理やりコーヒーで目を覚まそうとしたが圧倒的生理的欲求に潰されて意味をなさなかった。人の小細工など無意味…

 

仕事。

めちゃめちゃ眠いけど普通に出社しなくてはいけなかったので朝から出社した。なんでわかってたのに早く寝なかったんですか!?

運転の途中で8回ぐらいは死んでたタイミングがあったような気がする。生きて会社に着けたことを感謝。

軽い打ち合わせをしたあと仕事に取り掛かる。

昨日もらった仕事を今日中に終わらせてついでにもう一つ終わらせるぐらいの意気込みでやったけど普通に激重だったので丸一日かけてなんとか終わらせるぐらいが限界だった。そもそも眠くて普段の5000分の1のスピードでしかキーボードを打てなかった。誰かのせいにしたいが云々。

なんとかギリギリ終わらせてフラフラと車に乗り込み帰った。

 

 

家に帰って飯を作れる気がしなかったのでラメン屋へ突入。

疲れた体に染み渡る激ジャンクな味だった。辛味としょっぱみのみが口の中に存在する。

前来たときはそんな混んでなかったのですぐ食えるでしょて思ったけど普通に並んでて1時間ぐらいかかってしまった。待っただけの甲斐はあったが。

 

帰宅。

今日こそは早めに寝る!!!!と決意していたはずなのに雑談してたら3時前になってました。

誰かおれを殺してください。

 

終わり