闘病日誌

生きてえ

8/20~8/21

 

夜勤。

モワッとした湿気で目が覚める。

雨が降っていたらしい。

昨日まで感じていた涼しさが若干怪しい感じになっていた。

お前・・・裏切るのか・・・信じてたのによ・・・

体もどんよりした感じになってしまいなかなか覚醒せず何も食わないままノロノロと出勤した。

途中のコンビニでブリトー買ったら店員があっためるの忘れておれの手元にカチカチのブリトーだけが残った。

冷やしブリトー、戦場とかで食べるレーションみたいな味がしました。

おれが何をしたってんだ。

 

仕事。

そこそこ忙しくて、そこそこ暇だった。

なんか普通の夜勤をやるのがかなり久々なので逆に新鮮だった。

暇な時間になってご飯のことを調べたりしてたら同僚に「お前最近また精神と体のデブ化が著しいな」ってゆわれた。

 

f:id:ketunyo:20180822014659j:plain

 

女の子なのでデブとか言われたら泣いちゃう。

いや・・・実際最近シャレにならんぐらい体のぷよぷよ感が増してるのは感じてるんですよね・・・

ちょっとは欲望を抑えて節制しなくては・・・

 

夜食。

マクドナルドに行きました。

 

f:id:ketunyo:20180322000921j:plain

 

いや、違うんです。聞いてください。

マクドナルドでポテトが全サイズ150円っていうから、だからしょうがなくて・・・

マクドナルドが悪いんですよ。

いやでも買ったのビックマックのセットだったしポテト150円関係ねえわおれが食いたかっただけだよバーカ。

う~~~~ん脂と肉と芋最高~~~~~!!!!!

 

体のデブ細胞が完全に満足したのか異様なぐらい仕事が捗った。

月末業務に手を出したらあっという間にほぼ完成してしまった。

仮眠もめちゃくちゃにスッキリ眠れて完全に体が健康になった。

これから毎日マクドナルド食おうかな。

 

朝もそこそこに仕事して退勤。

家に帰ってアイスでも食うかな~~~!!!って思ってたら、頭の奥に眠るおれの一抹の賢さが「お前そろそろいい加減にしろや」って命令をしてきた。

嫌がる体細胞たちを無理やり脳が動かしてジムへ向かわせた。

ジム、本当にいつぶりに行くかわからない。

気になって自分のブログを調べてみたらあの・・・ジムって単語が出てきた最後の日が5月なんですけど・・・

 

f:id:ketunyo:20180822020002j:plain

 

特技:金をドブに捨てること って今度から履歴書に書いちゃお。

これ・・・単純に換算すると腹筋一回ハーゲンダッツ一個分ぐらいの価値になる気がするな・・・

それぐらいカロリー消費してくれないと割に合わねえ。

必死に運動した。

最初にちょっと走っただけで人生をやめたくなるぐらいゼエゼエしてしまった。

タバコを再開したのがかなり効いている感じがする。

3年分ぐらい運動した。

いやもう決めました少なくとも一ヶ月は3日に1回は行きます。

3日に1回は行きます。

誓いを立てたぞ。

絶対に1日3kgは痩せて体重5g目指す。

破ったら1日3回シコるのを2回に減らすペナルティをつけます。

 

帰宅した。

即寝た。

 

起きた。

ストリーーーートファイターファイブやった。

ギルティ部のみんなとワイワイした。

エイジス連携をめちゃくちゃ頑張って練習したので絶対にカッチョイイところ見せるぞ~!!と思ってたんだけど、

実戦になると急激におててが赤ちゃんになって一回も成功しなかった。

おれの理性ではこの技は扱いきれないのか・・・?

なんか全然勝てなくて泣きながらいつものタックルに変えたら急激に勝率が上がった。

もうダメや。おれはこれで行く。このゲームではゴリラとして生きる。

ウホウホ~~~!!!って言いながらタックルヘッドバッド超必殺技とあらゆる知性を捨てた行動をしまくった。

こんなおれを見捨てず対戦してくれてみんなありがとう・・・

楽しく対戦した。

みんなそれぞれ動きが違ってて見ていて楽しい。

アクマさんは元来の格ゲー力の高さが見える固い対空や立ち回りをするし、

おるふぁさんはギルティで見せた攻めへの嗅覚の鋭さを見せてくるし、

損おじさんは固いガードと鋭い飛び込みがうまいし、

今日はじめて対戦してもらったwakaさんはストV歴の長さに相応しいいろいろなセットプレイを見せてくれた。

そんな中おれは小技とジャンプを一生こすりながら強い必殺技を振り回してるだけだった。

出身がスラム街で本当に悲しい。

気づいたら3時間ぐらいやってた。

おもしろかった~

 

格闘ゲームも実質スポーツだし、今日だけで50kgは痩せたかな。

無を目指すぞ~

 

終わり

8/18~8/19

 

夜勤。

夕方起き。

エアコンを付けずに寝ても寝苦しくない現実に感動。

夜中に外で鳴いてる虫もセミから鈴虫っぽいやつにシフトしつつある。

東京に来て一番違和感バリバリだったことが夏場にセミが夜中に鳴きまくることなんだよな・・・

涼しい気持ちになりつつ夕飯を作った。

うどんを茹でたけど何も合わせるものが無いことに茹でたあとに気づいた。計画性が無。

途方に暮れてたら頭の中に天啓が閃いてあっこの前店で食べたバター混ぜたうどん真似しよ!!って思いついた。

冷蔵庫開けたらマーガリンしかなかったけどまあ一緒でしょって思って入れた(スラム民はバターが買えないので)

一緒に合わせる卵もないことに気づいたのでヤケクソになって塩コショウと味の素だけバーっと入れて混ぜて食った。

およそ文化的な人間が食うものの味とは思えないような物体ができた。

うどんから「俺、こんな死に方したくなかったわ」という怨嗟の声が聞こえてくるようだった。

 

仕事。

毎度のことだけど実家に行ってまともな睡眠リズムにしたあとの夜勤は頭が狂う。

フワフワの頭とバキバキの体で仕事をした。

前とは違う部下が初めての夜勤担当になってまた教育することになってたんだけど、

おれ自身がめちゃくちゃ仕事があやふやだったので教えるたびにう~ん多分これであってるwとか十中八九これでいけるwとか言ってた。

威厳~~~

仕事ができる上司になりてえ~

あんま忙しくなかったのが幸いだった。
ゆっくりと感覚を取り戻した。

 

夜食。

ブイレの冷やし中華

そろそろこれ系の冷やし麺を食べる季節も終わるんだろうか。

感慨に浸りながら食ってたらカラシの塊を思いっきり吸ってしまってめちゃめちゃに泣いた。

冷やし中華はクソ!!!!

 

朝、決算報告の映像みたいのを見なきゃならなかったので行った。

この映像がまたクッッッッソ退屈な会議みたいなのを2時間強もの時間の間延々見せられる拷問みたいなやつで、

毎度30分以上意識が持った試しがない。

今回は夜勤明けなのもあって開幕30秒で意識が消えた。

 

f:id:ketunyo:20180807014146j:plain

 

これになった。

気づいたら終わってた。

1mmも内容を覚えていない。

隣にいた後輩も「終わったあと油そば食いに行くことだけ考えてました」って言ってた。

この会社大丈夫か?

 

無駄に疲労して退勤した。

スーパーで食物を適当に買い込んで帰宅して即寝た。

 

起きた。

寝起きで頭がおかしくなっていたのでグランブルファンタジをやった。

この前真面目にやると書いた以上ちょっとはやるか・・・と思って起動したんだけどもう撤回したい。

このゲームをやる人間はバカ。

討滅戦っていう一つの武器を完成させるためだけに一生同じ敵を殺し続ける賽の河原ゲームス全開のコンテンツをやってた。

やる前は二本完成させるぞ~!って意気込んでたけど速攻で疲労が蓄積したので諦めた。

このゲームを延々と続けられる人才能がありますよ・・・

いやおれも数ヶ月前まではキチガイのようにこのゲームに張り付いていた時期が・・・?

み、認めたくねえ~~~

幸い敵があまり強くなくてスムーズに周回できることだけが救いだった。

まあゲームとしての楽しさがあるかどうかと言われると微妙だけど・・・

ハアハア言いながら数時間やってようやく一本完成させた。

メタクソ苦労した割にはあんまり火力が伸びなくてしょんぼりした。

おれは一体何のためにこんなことを・・・

 

体がまともなゲームを求めて発狂していたのでストリートファイター5をやった。

今日が初めてのプレイのツナさんとcreamさんの三人でキャッキャしながら赤ちゃん対戦会をした。

今日も今日とてアーマー付きタックルをアヘアヘ言いながらパなしまくるゴリラプレイをしまくった。

creamさんも結構うまくなってて普通に負ける試合も多々あった。

creamさんがアーマー付きの突進技をめっちゃパなしてきておれがズルやめろ!!!って言いながら無限にキレてたら、

お前も大して変わらねえじゃねえか!!って怒られた。

それもそうだなって思ったのでワハハって笑いました。

やっぱりこのゲームかなりおもしろい。

ゲームデザインがシンプルなのがいい。

このゲームはうまくなりたいと言うよりはどんどん対戦したくなるな~

ワイワイやるのにいい格闘ゲームは良ゲー。

グランブルファンタジに傷つけられた体がどんどん癒やされていきます。

 

今日も夜勤なので今から寝る。

開けた窓から入ってくる風が涼しい。

このまま暑さが引いてくれればいいな~

 

終わり

8/17

 

遅めの朝に起きる。

昨日のオタク文を書いた影響で大分夜更かししたので眠たくてしょうがなかった。

少し外に出てみると風が明らかに涼しい。

湿気がどこかに行ってしまったような秋の風だった。

急激に夏が終わった感じがした。

 

昼まで散歩したりテレビ見たりしてダラダラした。

あと気が狂ったのでグランブルーファンタジーやった。

今やってるイベントのラブライブサンシャインコラボをやった。

ストーリー長すぎて読んでたらそれだけでやる気を失いそうだったので飛ばしました。

ラブライブファンの人、ゴメーーーーーーーン

あっでも渡辺曜の立ち絵ではシコりました!!!!!!!

 

f:id:ketunyo:20180818060643p:plain

 

こんなんセックスが服着て歩いてるみたいなもんやんけ。

 

最低限の報酬だけ回収してやめた。

その報酬の10連ガチャガチャチケットを使ったら、

 

 

このゲームでの最大級のアタリキャラを引いてしまった。

え~~~~~

普通に嬉しいけど、こいつを引いたことによりグランブルーファンタジーに多少真面目に向き合わなきゃ・・・という気持ちになってしまった。

本当か・・・?おれこのゲームまたやるのか・・・?

ウッウッ・・・ガチャガチャで人心を惑わすサイゲームス許さねえ。

 

昼になって妹が起きてきたのでメシを食った。

 

f:id:ketunyo:20180818060945j:plain

 

豪華田舎の草セットを食べた。

ゴーヤー、この時期になると大量に茨城の親戚の家から送られてくるのもありゴーヤチャンプルーが夏定番のメニューになる。

ほとばしる苦味が脳に染み渡る。

目が覚めるような味だった。

ご飯を食べたあと妹が一足先に帰るのを見送った。

 

メシを食ったあとしばらくピアノをやった。

3日間で1曲は弾けるようになった。

本格的に東京の家にピアノが欲しくなってしまったな・・・

50円ぐらいで電子ピアノ売ってるお店教えてくれる方募集してます。

フレーズを練習してスムーズに弾けるようになった瞬間の快感、考えてみると格闘ゲームのトレモに近いものがある気がする。

反復練習ジャンキーなのかもしれん。

 

昼過ぎ温泉に行きたくなったので行った。

 

 

来た。

直近の帰省では暑さがヤバかったのもあり温泉に行く気も失せてたんだけど、

今日は涼しいのもあって絶好の温泉日和だった。

露天風呂でず~っとボケっとしてた。

夏休み補正なのか家族連れが多く来ていたような気がする。

風の音と木が揺れる音と子供の声だけが響いていた。

 

 

出たあともメロンソーダ飲みながら甲子園をボケッと見ていた。

体が完全に老人になってしまった。

メロンソーダ飲んでるからまあ相殺でしょ。メロンソーダナウいので。

 

帰宅したあともおばあちゃんの買い物につきあったり、畑で草と戯れたり、

 

 

涼しい風を浴びながらギターを弾いたりしていた。

おれは北原春希。

夕飯代わりにお茶漬けをササッと食べたらもう帰る時間になってしまった。

お盆Uターンの影響で少し混んだ新幹線に乗り込み東京に戻った。

今回の帰省はいろんなところに行ったわけではないけど凪のように穏やかな帰省だった。

絵に描いたような田舎の帰省。

自分が老後を過ごすのであればこういう毎日を送りてえな・・・

 

東京に戻った。

普段だったら栃木との暑さのギャップにゲンナリするんだけど今日はそれを感じないほどに涼しかった。

頼むからこのままそのペースを維持してくれ。

帰宅して即格闘ゲームを起動した。田舎で腑抜けた体に現実を叩き込むために。

ギルティギアをやった。

今日はあまり勝率が芳しくなかった。

段々と負ける理由は明確にわかってきたんだけど、こっちが対策をする前に相手が先に次のカードを切ってくる。

まあ相手がうまいっていうことなんだろうけど・・・読み合いのスピードが早すぎてついていけねえ。老人だから。

大前提として起き攻めとかコンボをミスらないように頑張りたい。

 

終わったあと二次会でスト5やった。

ギルティギアであんなに頭を捻って格闘ゲームをしてたのに一気に知性が落ちてしまった。

ユリアン自体はテクいことやろうと思ったらキリがないぐらいのキャラのはずなのにおれが使うと強い技をアヘアヘ言いながら振るだけの類人猿になってしまう。

おれが使ってるの悪の秘密結社総統のユリアン閣下じゃなくてただのアマゾン原産タックルゴリラだわ。

おるふぁさんとかスカイプ勢の面々と対戦してたけど、やっぱり実力が横並びなのもあって対戦がすごく面白い。

対戦相手を失わないように多少は知性あるプレイを心がけていきたい(リバサでタックルパなしながら)

 

寝落ちしたり虚無(グランブルーファンタジー)やってたら朝になってしまった。

今日からまた夜勤だ~

 

終わり

8/16

 

遅めの朝に起きる。

今日は曇っていてかなり朝から涼しい。

今にも雨が降りそうな空模様だった。

妹と母さんで出かける予定だったけど妹が爆睡していたのでとりあえず朝飯を食った。

 

 

昨日のケーキの残り食べた。

朝からケーキを食ったので体中が女の子になってしまった。

マリー・アントワネットもニッコリ。

付け合せでついてきた牛タン笹かまとの相性が最悪だった。

マリー・アントワネット憤死。

 

とりあえず妹が起きるまで暇を潰さなくてはいけなかったので、

 

 

WHITE ALBUM2特典ディスクエクストラエピソード『不倶戴天の君へ』をプレイした。

感想は後述。

 

昼過ぎにようやく妹が起きてきたので一旦中断して外出した。

既に雲も晴れて大分暑い感じになってきていた。

三人でダラダラお昼を食いに那須に繰り出した。

なんか山を登ってる段階でドデカイ雲が那須方面に広がっていてイヤな予感がした。

目的地に着いた瞬間アホみたいに雨が降り出した。

中華料理食った翌日のおれの家のトイレみたいな雨(最悪)

クソバカがよ~~~!!!って言いながらお店にダッシュした。

ハアハア言いながらビショビショになって入店した。

入店して30秒で雨が止んだ。

 

f:id:ketunyo:20180816234441j:plain

 

 

いつものカフェーに来た。

夏休み補正なのか昼過ぎにも関わらずかなり混んでいた。

オシャレな雰囲気と客に呑まれないように心を無にしてケーキを食した。

朝もケーキ昼もケーキだったので体が女の子を通り越してお嬢様になってしまった。

陰毛が縦ロールになってたと思う。

退店するころには雨も明けてめちゃくちゃに涼しくなってた。

田舎の天気の気分がわからない。

 

母さんと妹が買い物をしたがっていたので那須アウトレットに行った。

まあおれはオタクなので・・・アウトレットに行ってもすることがないので・・・

 

 

二人が買い物してる間ベンチに座って尻の穴の話をしていました・・・

周りの人たちに石を投げられず本当によかった。

知っていますか?オタクはアウトレットに来ると寂しくて死にます。

帰り際さすがににこのまま帰るのは虚無すぎるな・・・と思ってTシャツを一枚買った。

布に金を払いたくない。ラーメンだけに金を払いたい。

 

一旦家に戻ってから夕飯を食べに行った。

妹のリクエストでタイ料理になった。

こんな僻地にタイ料理屋なんてあるのか・・・?って思ってたけどあった。

まあ本当に山の中で僻地だったんですけど。

 

 

お店自体もレストランというよりはかなり普通の民家っぽさがあった。

本当にタイ料理出てくるのか?納豆と白米と味噌汁が出てくるんじゃねえか?って思いながら料理を待つ。

 

 

カレーを食べた。

正直かなりうまい。

今まで食べてきたタイ料理系の中でも上位に位置するうまさだった。

ミルク感があってまろやかだけどしっかり辛くて、野菜がゴロゴロしてておいしい。

期待値がそこまででもなかった分かなり満足感があった。

妹が注文してたトムヤムクンがまためちゃめちゃうまかった。

ちゃんと酸っぱくてうまみがあって東京で食べたやつよりよほどうまい。

食い終わったあと話を聞いたら日本の人が好きな味付けにしてるんですよ~ってお店のおじちゃんとおばちゃんが言ってた。

納得のうまさ。

また来たい。

 

帰宅。

不倶戴天の君への続きやった。

以下オタ文。

 

今回はストーリークリア前提のミニストーリーということもあり感想も短めで。

あんまり情緒も伝えられないと思うので・・・

ストーリー的にはかずさノーマルのアフターストーリー。

春希が雪菜を捨ててかずさに捨てられ、一年後にまた雪菜に再度拾われるまでの幕間の補完という感じ。

春希は完膚なきまでに精神がぶっ壊れて会社に行けず人間にも触れ合えない完全な鬱病モードになっていた。

春希に別れの言葉を告げられた後も献身的に介護を続ける雪菜。

雪菜に介護される罪悪感を感じつつも雪菜を求めずにはいられない春希は自虐的な発言を繰り返してどんどんボロボロになっていく。

雪菜も雪菜で春希に会うと春希を傷付けるとわかってはいつつも春希を救いたい一心で春希に会い続ける。

この辺はね~雪菜の強欲さというか、誰もがみんな幸せになれないと満足できないっていう幸せの価値観の結果というか、

確かに春希の精神状態自体は、雪菜に会わないほうがいい方向には向かうのかもしれない。

でも雪菜が望んでいるのはあくまで春希が元通りになって自分とまた幸せな道を歩んでくれることで・・・

だから言ってしまえば雪菜のエゴに近い部分もあるというか、文字通り強欲なんだろうなと思う。

こう、お互い優しすぎてお節介なところが春希と雪菜というカップルのすべてを構成しててだからこそこんなに拗れたんだよな・・・

あと雪菜以外に武也にカウンセリングしてもらうシーンもあったんですけど、

 

 

相変わらずイケメンすぎる。

武也と結婚するのが一番幸せになれるでしょ。

 

一方かずさ。

日本での公演を終えてウィーンに戻ってきたかずさ。

隣には曜子さんの姿があった。

かずさtrueではかずさが曜子さんの病状を知っていたからこそあの展開になったけど、

このルート上ではこの段階で初めて曜子さんが病魔に侵されていることを知る。

かずさは今までできなかったことをなんでもするから元気を出せと伝えるが、

曜子さんは既にはっきりと弱りきってしまっていてあの強かった冬馬曜子から既に死後を憂う老人のようになってしまっていて・・・

自分の骨髄移植を提案するかずさだが、曜子さんは完全にそれを拒絶。

ピアニストとしての道に傷をつけるような真似は許さないと、私の後を継ぐために余計な回り道はするなと。

曜子さんは日本で人生の最後の時を過ごすという選択肢を捨ててまでかずさに付いてきたわけで、

だからこそかずさを絶対に自分の後継にしなくてはならないという焦りが伝わってきて悲しかった。

弱る曜子さんにどうすればいいと縋るかずさ。

曜子さんはポツリと『cloture』という曲を演奏してほしいとかずさに懇願する。

曜子さんがヨーロッパで初めて弾いた曲、生涯で最も弾いた曲。

この曲はしかし、ピアノのソロ曲ではなくオーケストラでの曲だった。

つまりかずさ一人では絶対に演奏できない曲。

誰かの協力なくしては決して演奏できない曲。

それをかずさに、欧州全体を湧き上がらせるようなクオリティで演奏しろと言う。

余談ですが、『cloture』という曲はクラシックでは存在しなかったので原語の意味を調べたところ、

 

cloture

音節clo・ture 発音記号・読み方/klóʊtʃɚklˈəʊtʃə/
名詞可算名詞

 

 
意味深ですよね~~~

友人たちに囲まれながら幸せな日々を送りながらも、春希の病状が一向に改善せず徐々に病む雪菜。
オーケストラの交渉を続けるも誰からの助けも得られず切羽詰まるかずさ。
雪菜は段々と春希の介護に義務感のようなものを感じてしまい、好意だけで動いていたと思っていた自身の感情との落差にショックを受けてしまう。
やっぱり雪菜は完全無欠の聖母ではなく普通の弱い部分がある人間なんですよね・・・
春希の病気を介護しているうちに自身もまたそれに呑まれそうになってしまう。
周りの友人や家族たちも病んでいく雪菜を案じて春希との交際を断つように勧める。
春希もそれに勘付いており、自身のためにも雪菜のためにももう来なくてもいいとの言葉を突きつける。
そんな気遣いを必死に跳ね除けて否定する雪菜。
 

f:id:ketunyo:20180817004321j:plain

 

もうこの辺は・・・

かずさtrueの壊れていく雪菜とまんま被ってる感じでめちゃめちゃつらい・・・

このお話、基本的に雪菜の一人称視点で話が進んでいるので、心情描写もあってなおきつい。

最終的には春希の元に向かおうとするだけで体が拒否反応を起こしてしまうぐらいに追い詰められてしまう。

あれだけ春希に無償の愛を注いでいた裏ではこんなに苦悩していたんだな・・・ってしんみりした。

 

かずさは何とかオーケストラとの交渉を成功させるも、指揮者は過去曜子さんの愛人でありイヤミな男だった。

毎日の練習で罵声を浴び続けて精神的にも肉体的にも参ってしまうかずさ。

誰かに相談したくとも曜子さんにも会えず、毎日自らの想像の中の曜子さんだけを頼りにする日々。

この辺、周りに仲間だらけだけど理解を得られず傷つく雪菜と理解してほしいけど周りに誰もいないかずさの対比になっていていい。

ボロボロになるお互い。

最後に頼ったのは、雪菜はかずさ、かずさは雪菜だった。

 

国際電話を通じて訥々と話し合うふたり。

お互い6年間もの間に出来た高い壁を取り払えずとりとめのない会話を続ける。

なかなかお互いの心の悩みを吐き出せずに悶々としたまま会話が終わりそうになったとき、

先に悲痛な声を上げたのは雪菜だった。

もう春希を救うことができないかもしれない、助けてほしいと。

かずさはこれを聞き激高。私が託した思いを無駄にするのか、たった一人の男すら幸せにできないのかと。

ここで二人は猛喧嘩。6年間で溜まった感情を本音でぶつけ合う。

ここだけ見ると雪菜trueの喧嘩シーンみたいな感じなんだけど、

実際あの喧嘩が雪菜がかずさに歩み寄った結果起こった結果なのに対して、

今回のこの結果はお互いを敵と認めあった上での喧嘩であって、それでも最後に頼ってしまうぐらいの友人としても認めていて、

だから雪菜trueが『生涯の大親友』としての喧嘩だとしたら今回のは『不倶戴天の敵』としての喧嘩で・・・

だからこそタイトルの『不倶戴天の君へ』なんでしょうね~

ハ~~~~~~~~~~~~~~~

うまく言えないけどエモエモエモエモエモエモエモってことですよ。

雪菜はかずさへ激励を送り、かずさは自分と絶交したことを後悔させてやると息巻きながらも雪菜の幸せを願い、通話は途切れる。

ここ、都合4~5時間ぐらい国際電話してたらしいんですけど通話料大体13~14万ぐらいになるみたいですね・・・

冬馬曜子オフィスの財力恐るべし・・・

 

二人は何か吹っ切れた様子でお互いの道を進み始める。

雪菜は再び春希と向き合う覚悟を決め、どれだけ時間が掛かっても、一生をかけても春希を治すと決意する。

春希もその想いに応え、再び雪菜への愛を誓う。

ここで雪菜がなぜかずさとは全てを捨てて添い遂げる覚悟をしたのに私にはここまで気を使うのかって質問を春希にするんですけど、

春希はそれに対して二人は同じじゃなくて違うからだよとだけ答えてて、

それな~~~~~って感じだった。

雪菜とかずさ、二人とも対極的で二人とも全く違う魅力があるんですよね。

だから二人を対比する行動は意味がなさすぎるんだよな~~~~

おれは雪菜派とかずさ派なんて無意味な争いがこの世からなくなることを祈ってるよ。

 

かずさも指揮者から罵倒を受けつつも腐らずに頑張りコンサート本番。

指揮者は本番直前になると態度を一変させてかずさに静かに語りかける。

曜子さんが子供だった君を抱えて世界を回っていたときのことを、

世界中には君のことを我が子のように思っている音楽家がたくさんいると。

そして、今回のコンサートはかずさのウィーンのピアノの師匠が一枚噛んで実現させたものなのだと。

一人きりで戦っていたと思っていたかずさは、その実様々な人々に支えられていた。

コンサートは大成功。

日本で中継を見守る雪菜と春希。

公演後のインタビューの最後、一言を求められたかずさは、

 

f:id:ketunyo:20180817015218j:plain

 

カメラに向かってざまぁみろ!の一言を。

遠い海の向こう、ただ一人の不倶戴天の君へ向けてメッセージを残す。

これほどの才能を持つ友人を捨てたことを悔しがれという傲慢不遜なメッセージとも、もう自分は大丈夫だという激励のメッセージとも取れる言葉を・・・

かずさ・・・・かずさ~~~~~~~~!!!!!!!!!

ハアハアハア

冬馬かずさのふと見せる子供っぽさ、めちゃくちゃいいですよね・・・

公演後、曜子さんはかずさのピアノに当てられ自らの娘に超えられてなるものかと今までの病状が嘘のような元気さで息巻きピアノに復帰。

日本からかずさのマネージャーも招き、かずさの狭かった世界がゆっくりと広がっていく。

雪菜も友人や家族と仲直りし、春希も開桜社の仲間たちに迎えられ段々と社会に復帰していく。

最後は手を繋いだ春希と雪菜が、『冬馬かずさ凱旋』と書かれたポスターを眺めるCGで終わり。

 

かずさノーマルは少なくともハッピーエンドではなくて、みんながみんな幸せになったとは言い難いエンドだった。

雪菜trueの完全無欠のハッピーエンドを見せられたあとだとなおのことこれを見るのがきつい。

だけど、いくらひどいことがあっても、いくら先が無いように見えても、ただ時間の流れだけが全てを解決してくれることもあるというテーマがこのストーリーの大まかなテーマだったように思う。

特にこのストーリーがWHITE ALBUM2のテーマだった季節の冬じゃなくて夏から秋の話だったっていうことも、

終わらない季節もないし迎えられない季節もない、時間はただ巡るっていうことを暗に言ってるように感じた。

結局この物語はかずさと雪菜自身がしっかりと決着を付けなければ先に進まなくて、

今回も二人の大喧嘩がきっかけでお互いがしっかりと自分の道を歩むことができた。

描き方は違うけど、かずさも雪菜も成長して未来へ向かっているっていう点では雪菜trueに近いのかなと感じた。

三人での幸せを追求した結果が雪菜trueならみんながそれぞれの道をゆっくりと歩み続けることを決心した幸せが今回のルートなのかな~

これはこれで一つの終わり方としてはすっきりしたものな気がする。

ただかずさノーマルの後日談というよりはこれは完全にアナザー雪菜エンドな気が・・・まあかずさとくっつくのがそれほど難しいってことなんですけど。

長さ自体はそれほどでもなかったけどうまくルートの補完というか、新しいエンドの可能性が見られて非常に満足度が高かった。

あとエピローグで示唆されてたアメリカ帰りの麻理さんが見たすぎる。

エクストラエピソード北原春希開桜社地獄編待ってます。

 

アー短く書くとか言ってたのに結局長くなった。

実家でエロゲーやることが定例化してる悪い息子ですおれは。

 

終わり

 

8/15

 

少し遅めの朝に起きた。

正常な時間に正常な睡眠をすることに体が慣れていなかったので寝たり起きたりしていた。

早く人間になりたい。

ぼんやりしながら朝飯を食べに行った。

 

 

どんぶりいっぱい草を食べた。

途中から納豆を追加して食ったらうますぎて泣きながら食ってた。

ご飯をおかわりしまくって朝から子を孕んだぐらい腹が膨れた。

 

昼ぐらいに妹が来た。

妹もおれもちょくちょく実家に帰ってきてはいるけど、二人揃うのはかなり珍しい(よくよく考えたら避けられてるのか?死にたくなってきたな)

おかえり~って挨拶したらオウって言って5秒でベッドに向かって寝てた。

何しに来たんだお前は。

 

どっか行こうかな~とも思ったけど、曇り空でぬるい空気が漂ってたので微妙に外に出るきにならず家の中でボケッとしていた。

気づいたら昼寝をしていて夕方になっていた。

 

f:id:ketunyo:20180815223429j:plain

 

き、貴重な実家の休日が・・・

妹のことを何も言えない・・・

まだ明るかったので今は昼だ・・・まだ昼なんだ・・・って暗示をかけながら過ごすことにした。

ずっとピアノを弾いてた。冬馬かずさになりたかったので(オタクはすぐ影響されますよね)

むか~し小学生ぐらいのときに弾いてた練習曲の楽譜が押入れから出てきたのでずっと弾いてた。

指がなんも動かんし楽譜は読めなくなってるし笑いながら弾いてた。

ピアノあまりにも難しすぎる。押せば音が出る物体の分際で生意気だぞ。

なんだかんだ数時間やってた。

結構楽しいしやっぱ電子ピアノ買おうかな・・・

 

www.youtube.com

 

これ弾けるようになりたい(かずさが弾いてたから)

もっと昔まじめにピアノやってりゃな~と後悔している。

 

気づいたら夜になった。

妹もノロノロと目覚めてきた。

陰キャトークしつつ夜ご飯を食べに行った。

 

 

おばあちゃんとおじいちゃんの誕生日祝いと称して家族全員でご飯を食べに来た。

家族全員が揃うこと滅多にない。マジで10年ぶりぐらいか?

ワイワイしながらご飯を食べた。

プレゼントもあげた。夫婦茶碗とお箸あげた。(ベタだな)

 

 

 

さすがに誕生会なだけあって気合の入った料理がバンバン出てくる。

上品すぎて味がよくわからない。うまいということしかわからない。

味がした。

天ぷらまじでうまくてびっくりした。実質焼き肉みたいな味した。

 

 

こんな長い寿司みなさん見たことあります?おれはない。

うまかったけど後半に出てきたのもあって結構ウップとなるまで食った。

おれが唯一若い男枠なのでみんな食いきれないとおれの皿にバンバン寿司を乗せてくる。

やめ・・・やめろ!!!おれはバキュームカーではない!!!

 

 

最後にサプライズでケーキも出てきた。

ケーキ最高!生クリームが白いのでノーカロリー。

食い終わったらめちゃめちゃが腹が膨れた。第二子懐妊です。

 

おばあちゃんとおじいちゃん、この歳になっても信じられないぐらい元気だし色んなことに手を出しまくってるし本当にすごい。

おばあちゃんはこの前富士山登ってたしおじいちゃんはバイクをバンバン乗り回してる。

ワンチャンおれより長生きするまであるな。

あと100年は生きてほしい。

 

満腹になって帰宅。

妹と話をしてた。

飼ってる猫の画像をめっちゃ見せられて自慢された。

おれも猫飼いてえ~~~~

でも最後に忠告のようにウンチとオシッコが激臭いよって言ってくるので若干萎えた。

 

いつになっても誰かの記念日というのは嬉しくなる。

家族仲良しで暮らしていきたい。

 

終わり

 

8/14

 

朝仕事。
朝起きる。
日勤と夜勤を交互にやったせいで睡眠のやり方を完全に忘れた。
眠いんだが目覚めてるんだかわけがわからん状態になった。
生命活動がヘタ。
カバンの奥底に眠っていたカロリーメイトを貪りながら出勤した。
おれのカバン定期的にカロリーメイト湧く気がするな。多分スポーンブロックがある。

 

仕事。
昨日おとといの忙しさが嘘のようにクソクソ暇だった。
何もすることがなくて立ちながら挨拶を垂れ流すだけの存在になってしまった。

 

f:id:ketunyo:20180814220700j:plain

 

おれは何のためにここにいる。
なんか腹の調子が悪くてずっと職場とトイレを往復してた。
20回ぐらいトイレ行った気がする。
バカな・・・カロリーメイトは賞味期限無限のはずでは・・・
何もしてないのに体力を消耗したので昼休憩になっても飯を食う気になれず即寝てしまった。
夕方になって作ろうと思ってたエクセルの資料に手を付けた。
マクロをがんばってやるぞ!!!と思ってたけど最初のコマンドでバカみたいにエラーが出まくって一瞬でやる気が無になった。
コード書くの、完全に雰囲気でやってるので自分でも何で動いてるかわからない。
なんか英語でコード書かないといけないのムカついてきたな・・・日本語で仕事を5秒で終わらすってコード欄に書いたら5秒で仕事終わらせてくれるプログラム言語求む。
気づいたら定時になってたのでダッシュで帰った。

 

月一帰省の日なので新幹線に乗り込んだ。
お前先月あんなに長期間帰ったのにまた帰るのかよって言われそうですが(上司に言われた)
今回はお盆での帰省も兼ねてるからセーフ、セーフです。
本当はあとから言われて気づきました。帰りたいから帰るだけです。

帰ってきた。

 

 

今月も来た、田舎の風だ。

田舎の風あっちいな!!!!!!田舎はサイアク。

 

実家に来た瞬間おれの中の食欲が暴走し始めたので即夕飯を食った。

 

 

草、草は最高。
田舎の草がこの世で一番好きな物質です。


先月来たときより暑さが増している気がする。

扇風機のか細い風に体を委ねていると実家に帰ってきた感じがする。
今月もゆっくりしたいと思います。

 

終わり

8/12~8/13

 

夜勤。

夕方起きる。

さすがに前日の寝不足が効いてて一度も起きないぐらい熟睡した。

むしろ寝ても寝ても寝足りないぐらいだった。

腹減りだったのでインスタントラーメン炒めたやつを食べた。

ごま油を入れて炒めるとおいしいということに気づいた。

大体のもの、ごま油入れておけばうまくなる気がするな。

出勤した。

駅で電車待ってる間にトイレに入ったら小便器に派手にナイアガラぶち撒けてる人に遭遇してしまった。

マーライオンの宴会芸の練習してたのかな。

自分の家でやってくれ。

 

仕事。

始めて夜勤に入る後輩と二人で夜勤だった(いわゆる初夜である)

後輩がめちゃめちゃ真面目なやつだったので、今こそ先輩の威厳見せつけまくってイキるぞ~!!と思ってたのに、

仕事が死ぬほど暇で数個仕事を教えたら速攻教育が終わってしまった。

後輩から「えっ?普段こんなに仕事してないんですか?」って聞かれたので、

「鋭いね~!正解!!!!!」って答えておいた。

後輩は褒めて伸ばす方針なので。

まじでやることなくて夜何食べようかな~って話だけをしてた。

後輩の目線がどんどん冷たくなっていったのはおれの気のせいであると思おう。

 

夜食。

今日は絶対に冷たいうどんを食すぞ!!!って決意してコンビニに行ったら、

見事にうどんコーナーだけ商品が全滅していた。

ウッウッ・・・おれに何の恨みが・・・

しょうがないので激辛担々麺買った。

冷たいうどん食うはずが何もかも真逆の麺を入れたら内臓から集団告訴されましたが、棄却しました。

ハアハア言いながらズルズル食べて汗がドバドバ出てきた。

後輩に見られて「うわっ(笑)」って言われた。

おれの先輩としての威厳、既に下限なのでは?

ちなみに後輩は冷やしうどん食ってた(おれより先に行って最後の一つを買ったらしい)

お前は既におれを超えたよ・・・免許皆伝だ・・・

 

仮眠でまた眠れずにダラダラ携帯をいじってたら朝になった。

最近仮眠で眠れなくなってる気がするな・・・

早く睡眠リズムを調整しなくては。

いや、多分今のリズムが正常で逆に異常に向かってかなければならないのか・・・

昨日の暇さが嘘のように朝はバカみたいに忙しかった。

オワッタ精神でオワッタ体を引きずりながらアヘアヘ仕事をした。

重い体を引きずって退勤した。

 

外に出るとバカみたいに晴れていてオワッタ体がさらにローストされて終わっていくのを感じる。

このまま帰りたさマックスだったけど、明日から帰省するためのお土産を買いに行かなくてはならないのでデパートに行った。

買うものは決まってたけど結局迷って時間を使ってしまった。

途中から意識が朦朧としていて何を聞かれてもアーとかウーとか言ってた気がする。

デパートの店員さんもゾンビ相手の接客することになってかわいそうだと思う。

ようやく書い終わったあとは結構いい時間になってた。

お腹が激空きだったので近くのステーキ屋さんに行った。

昼過ぎにも関わらず大人気でそこそこ行列が出来てた。

さすがに二度も胃を裏切るのは忍びないので覚悟を決めて並んだ。

並んでる最中にいきなり天気が怪しくなってきてバロバロと雷が鳴り始めた。

おい!!!!!

ついさっきまでクソ晴れてたでしょ!!!!

徐々に不穏な雲色になり始めて並んでる最中に雨に降られないかと気が気でなかった。

なんとか降る前に入店できた。

 

 

肉。

肉は神。

ここのステーキ、肉自体も赤身肉~って感じでかなりおいしいんだけど、

何よりしょうゆベースのソースとバター、焦げ目の香ばしさの組み合わせが絶妙で料理としての完成度がかなり高い。

ステーキって大抵雑な気分の時に食いたくなるんだけど、ここのステーキは食っててもお上品な気分になる。

上品な料理は比例してカロリーが低くなる。

お値段もリーズナブルでお財布にも優しい。

 

満腹になって退店したら、

 

 

これになってた。

 

f:id:ketunyo:20180814023041p:plain

 

間が悪すぎる。

買ったお土産を濡らさないようにボディブロックしてヒーヒー言いながら帰った。

全身ビショビショのゾンビが出来上がった。

 

f:id:ketunyo:20180814023220j:plain

 

イメージ図。

(ハウス・オブ・ザ・デッドは名作ですよね)

 

帰宅したころには精魂尽き果てていたので即寝てしまった。

 

夜起きた。

シャワー浴びてアクマさんとおるふぁさんとギルティギアやった。

今日は勝てた試合はかなりいい流れで勝ててた試合が多かった。

端のコンボを高いのを選択してリターン負けしない意識を持ったらかなりマシになった気がする。

やっぱり立ち回りうんぬんより先にコンボ精度と起き攻め精度上げないとな~

まあ負ける試合は本当にボロクズのように負けるんですけど・・・

格闘ゲームの守りってどうやったらうまくなるんだ。

格闘ゲームの守りがうまくなるラーメンが食べたい。

もっとうまくなりたい。

ギルティ終わったあとはアクマさんと一生ホワイトアルバム2トークしてた。

雪菜true完走後ずっと感情のはけ口を求めてたのでめちゃくちゃに早口で話しまくってしまった。

アフターストーリーを早くやれとのお達しをいただいたのでなるべく早急にやりたい。

溜めてた感情をニコニコオタクフェイスで出しまくったのでかなり満足した。

 

終わったあとcreamさんとスト5やる約束してたのでやった。

creamさん自体格闘ゲームをあまりやらない人で一緒にやるの自体かなり珍しい。

お互い知性を捨てた殴り合いを一生していた。

小学生が格闘ゲームやったらちょうどこんな感じなんだろうな・・・って対戦ばっかだった。

ユリアンのVT2(超必殺技みたいなやつ)が、アーマー付きで突進してしかも溜めたらガー不になるチンパンジーのために作られたみたいな技で、

これだけ一生キャッキャッって打ってたらcreamさんに怒られました照

一発打つごとに知能指数が150ぐらい下がる危険な技だと思う。

なかなか楽しかった。

 

気づいたらめっちゃ遅い時間になっとる。

明日は朝から仕事だ~

 

終わり