闘病日誌

生きてえ

11/17~11/18

 

夜勤。

夢の中で古戦場を走るという最悪の目覚めだった上に起きたら昼過ぎで朝活に参加しそこねた。

 

f:id:ketunyo:20191119045050j:plain

 

団のみなさん申し訳ありませ~ん(ホジホジ)

冷静に考えて夢の中で古戦場走らされて精神的に苦痛を負わされたのだから現実世界でまで苦痛を味わうことはないのでは?と思い開き直って二度寝した。

おれはグランブルーファンタジーから解放されたぞ。

夕方起きてさっさと仕事へ行く。PCの前から逃れるように…

 

仕事。

今日も何事もなく仕事を終わらすぞ~と思っていつものルーチンワークを始めたらいろんな人からいろんな仕事を押し付けられる日だった。

けつにょ君そろそろこれできるよね?とかそろそろこれ覚えないとね?とかとりあえずこれやっておいてね?とか言われて無限に仕事を投げられて半泣きになっていた。体の良いことを言っておれをゴミ箱扱いしていないか?けつにょうは訝しんだ。

ヒイヒイ泣きながら仕事の山に向き合った。

途中から思考を放棄して片付けることだけを考えていたら割と早い時間に終わっていた。多分まともに終わってはいないと思う。ずっと家帰って五等分の花嫁の続き読みてえって考えてた。

定時で退社。帰りに先輩から飲みに誘われかけたけどあの…家帰ってやらなきゃならんことがあるので…古戦場っていう…って伝えたらあっ(察し)みたいな顔されて素直に帰っていいぞと言われた。理解の良い上司で助かります。

 

そのまま帰ろうと思ったけどメシを食って腹を満たしてから戦場へ向かうことにした。

 

 

フィッシュランチキメた。

なんだか10周年記念!!!みたいな特別デーをやっており特別メニューが出てきた。

ナイスな白身刺し身にうにがついて1.2k(ライスおかわりOK)は完全にバグ。

カロリーも1.2kcalぐらいしかないと思う。

最近魚を食べてなかったので妙にうまかった。おいしい白身魚ってタンパク質の味がしておいしいですね。

 

帰宅。

魔剤を体にぶち込み古戦場。

なんどか寝落ちを繰り返してひたすら走り続ける。

今回フルオート機能とかいうゲームというものがどういうものなのかよくわからなくなる機能が追加されて若干走るのが楽になった。最初何個かボタン押してあとは放っておくだけで敵が死んでいる。ゲームって何?

オート放置をしながらずっと五等分の花嫁を読んでたんだけど、あまりにも面白すぎて一気に最新話まで読んでしまった。

いや、まじで面白い。世界で一番面白いマンガかもしれん。漫画読んで動悸息切れが止まらなくなったことなんてなかなかなかったよ今まで。

 

f:id:ketunyo:20191119053203p:plain

 

こんなに魅力的な表情をする女の子、LoveにFallしちまうよ…

このページを開いた瞬間おれはホキョアーーーーと叫びながら部屋の中で全裸でBPM600のヘドバンをしていました。

本当に続きが気になるんだけどもう話が終わりそうな雰囲気をプンプンに匂わせているのが辛い。

どうか全員幸せになってくれ…特に四葉

 

気づいたら日が変わっていた。

グランブルーで気が狂ったのでブレイブルーをしたりしていたら一気に朝になった。

また仮眠して朝から古戦場を走ります。早く人間的な生活を送りたいよ~~~

 

終わり

 

11/16

 

休日。

朝起きて日記書いて二度寝しようと思ってたんだけど入眠に失敗しそのまま起きてることにした。

とはいえ特にやることもないので古戦場を擦っていた。あれ?おれ冒頭で休日って書いたはずなんだけどな…

今日はインターバルっていう特に勝敗関係ない別に走る必要もない日なんだけど走り続けていた。

もうおれは頭の病気なのかもしれん。

 

メシを食ったりしながら意識を失っていたら昼になっていた。

古戦場をやっていると記憶を頻繁に失いませんか?

このままではいけないという危惧があったので家を出た。

 

 

3時のおやつ時だったのでコーフィーをしばいた。

昔よく行っていた喫茶店が開いているのを久々に見たので入った。数年ぶりなのに顔を覚えられていた。おれの顔、そんなに覚えやすいんだろうか。

ここのバナナケーキはとてもおいしい。心がほっとする味だ。

 

帰りにゲムセンによる。

ガッツリウンドボルクスした。

ちょっと前にビートマニアの高難易度譜面動画を見まくっていたおかげか譜面がすげ~見える日だったんだけど手がまったく追いついていかず脳が体にキレているのが体内で感じ取れた。オイ!!!!しっかりしろや手!!!!おれの頑張り無駄にすんなや!!!!!!って脳が叫んでた。

音ゲーはサボると手が動かなくなるのは広く知られることですがそういう意味では筋トレとかと一緒なのかもしれませんね。音ゲーはスポーツ!

 

いろいろ買い物してから帰宅。

一生古戦場やってた。

周回のお供で読んだ漫画がめちゃめちゃおもしろかった。

 

五等分の花嫁(1) (講談社コミックス)

五等分の花嫁(1) (講談社コミックス)

 

 

説明するまでもないぐらい人気タイトルだと思いますが、1巻2巻が無料キャンペンやってたので読んでみた。

いや、前から興味はあったし周りの人も面白い面白いって言ってるから読もう読もう思ってたんですけど…こういうラブコメ人気作!みたいのを摂取しようとすると心の奥底から陰を司るオタクが出てきて「お前がこれを読むのは”違う”だろ」って警鐘を鳴らしてきて…

無料だからセーフ!!って自分に読み聞かせて読んだらめちゃくちゃによかった。出てくるヒロイン全員当たりのハーレムギャルゲーやってる気分になれた。

 

f:id:ketunyo:20191117051434p:plain

 

四葉ちゃんかなりかわいいのですき。

でも正直一も二も三も四も五もかわいい。誰が一番なんて決める必要なし!!!ラブアンドピース!!!!

無料分だけ読むつもりがガンガン続きを買ってしまった。完結してほしいようなしてほしくないような。

 

気づいたら朝。

古戦場を休日にやることほど無駄なことはない。

 

終わり

11/14~11/15

 

夕方起き。

実家でめちゃくちゃ規則正しい生活リズムを刻んでいた影響で案の定ガバガバ睡眠になった。

目覚めて自分がいる場所が実家の布団でなく、自宅のベッドであることに気づいて絶望した。

連休が終わってこの瞬間が一番きつい。様々な思い出がフラッシュバックしてくる。

今回は犬が家にいないことが予想以上のダメージを与えてきた。起きて犬をつつけない生活はクソ。

パスタにツナ缶ぶち込んだだけの犬のエサ以下飯を食って出勤。昨日まで食ってたものとの落差がひどすぎて泣けてきますね…

 

仕事。

仕事忘れた定期。

さすがに一週間以上休んだあとの仕事は感覚がホニャホニャになってよくわからなくなる。

しかもそこそこ忙しくて体が悲鳴を上げているのをわかる。というかおれの仕事感覚がオワになって忙しく感じてるのが実際に忙しいのかが最早わからない。

どっちにしろ疲労が溜まったことには間違いないのでどうでもいい。

同僚から休み中何してたんですか~?って聞かれたので温泉行って…ご飯食べて…犬つついてた…あっこの犬の写真見て!めっちゃかわいい…ウッウッ…犬をなでたい…って慟哭する危険な人物になってた。犬は麻薬。

夜中になると眠気がヤバになってきて更に仕事能率が低下した。もはやゼロに何をかけてもゼロ。

ホゲ~言いながら定時が来るのを待った。

 

さっさと帰宅。

家に帰ってPCを起動したおれを待っていたのは…

 

f:id:ketunyo:20190719233104p:plain

 

f:id:ketunyo:20190719233143p:plain

 

f:id:ketunyo:20190719233150p:plain

 

f:id:ketunyo:20190719233143p:plain

 

f:id:ketunyo:20190719233150p:plain

 

f:id:ketunyo:20191116092323p:plain

 

f:id:ketunyo:20190719233143p:plain

 

f:id:ketunyo:20190719233150p:plain

 

今月もやって参りました。

なんで休みが終わった瞬間にこんな苦しい思いをしなくてはいけないんだ。

今すぐにタイムリープして一週間前に戻りてえよ。

実は実家で細々と走っていて(本当に後悔しています)割と古戦場の準備自体はできていたのでそこそこ快適に走れた。

快適に走れたところでゲーム自体が快適にならないのがこのゲームのキモですね。

 

途中寝落ちを挟みながら日付変更前までひたすらに走り続けた。

今回も予選は普通に突破(してしまった)地獄の4日間がはじまる…

今回はあんまり気張らないでやっていきたいと思います。本当に。

 

日付を超えて東方projectの話とかをしていたら寝落ちして朝になった。みなさん知ってますか?東方projectっていうゲームのBGMはすごくいいですよ。明日学校でみんなに広めてあげてくださいね。

徐々に東京の厳しさに身を慣らしていかなければならないと痛感した一日だった。

 

終わり

11/13 ~秋休み9日目~

 

朝起きる。

滞在最後の睡眠だということを噛み締めながら寝ていたら異様に眠りが浅くなってしまった。

体が現実に反逆しようとしている。

現実は容赦なく、時間はただ進むのみだったので諦めて起きる。

 

 

今日もよく晴れている。

思えば滞在中ほとんど晴れだった帰省、今まであんまりなかった気がする。

朝日を浴びながらリンゴを朝食代わりにかじった。

午前中はテレビを見ながらグランブをして時間を潰していました…許してください…

というか気づいたら明日もう古戦場本番ってマジですか?本当に終わっている。連休終了と同時に仕事と古戦場がいっぺんに来るの現実が厳しすぎるだろ。

うつ病になっていたらあっという間に午前中が終わった。なんで最終日をこんな気持ちで過ごさなきゃいけないんだ。サイゲームスは悪。

お昼と温泉をキメに最後の外出をした。

 

 

ハンバグーを食べに来た。

男の子はみんなハンブーグーが大好き。

ここのお店、町外れのなんもない奥地道路沿いにぽつんと建ってるんだけどいつ来ても混んでて人気がある。

店内は古民家風でまったりしており、出てくる料理もまったりとした優しい味がする。

定期的に来たくなるお店です。

 

 

餡蜜までキメて最強になった。

年を取るたびクリームあんみつというデザートに秘められた魔力を理解するようになってきた。こいつはデザート全一になれる器がある。

 

 

満腹になったあと温泉へ。

秋休み初日と同じ温泉へ来た。なんとなく収まりがいい気がするので。

ぬるめの温泉へじっくり浸かる。

悔いのないように全力で温泉を吸収した。全身温泉人間になった。

 

日が沈みそうになったところで帰宅。

道中お土産類を適当に買っていく。会社へのお土産、だんだんネタがなくなってきた。那珂川沿いの適当な石拾ってパワーストーンです!!!っつって全員に配るとかじゃダメか?

家に着く頃には日が沈んでおり夕飯の時間になっていた。

夕飯を待つ間犬と戯れる。

 

f:id:ketunyo:20191114024525j:plain

 

なんかかわいがってたら別れなきゃならないのが唐突につらくなってきてしまった。

犬…お前がいるおかげで今回のQOJ(Quality of Jikka)は爆上がりだったよ…

短い間だったけどペットを飼う魅力がわかった気がした。でもうんちとおしっこの処理は本当に大変だ。

次帰ってくるときはもっとおっきくなっててこんな風にかわいがれないのかもしれないな~でもいっぱい食べて健やかに成長してほしい。

 

 

そうこうしてたらメシが出来ていた。

最後の晩餐を噛み締めて食べた。

もう味噌汁と煮物が出てくる生活ともしばらくおさらばだな…

 

時間になったので家を出る。

犬の顔を最後に見てこうと思ったら澄ました顔でドデカイうんこをしていた。犬なりの餞別なのかもしれん。

 

 

新幹線に乗り、東京へ帰る。

今回は宣言通りひたすらメシ食っては温泉入る生活ができた上に犬というDLC要素が噛み合ってかなり療養できた感じがする。

実家帰るたびに思うけど、絶対に老後はこういう暮らしを一生していたい。ファッキューコンクリートジャングル。おれは自然に迎合する。

 

東京に戻り家に帰ってきたおれは、

 

 

 

違うんです…これは…おれなりに現実と向き合おうとした結果で…

自宅のPCの前に座っていると実家にいた感覚が虚無に塗りつぶされていく感覚がする。

また明日から頑張って生きていこう。

 

終わり

11/12 ~秋休み8日目~

 

朝起き。

昨日は雨が降っていたが今日は綺麗に晴れていた。

朝日を眺めながらぼやっと柿を食う。休み中に喰った柿の量だけで東京ドームが埋まるかもしれん。

 

今日も今日とて午前中は犬をつついたりピアノを弾いたりして過ごす。

この時間が好きすぎる。一生犬をつついてピアノを弾く生活がしたい。

 

 

なんだか一週間前に来たときよりサイズ感がでかくなっているような気がする。

持つと確かに重量感が増している。もりもり食ってどんどん大きくなれよ。でもおしっことうんちは撒き散らさないで…

犬はどんどん成長していく。おれたちはどうだ?

 

先日夕飯のあまりものやおばあちゃんの旅行土産(9.5割かまぼこ)を昼飯に食べる。体の中身の9.5割が魚介のすり身になった。

お昼過ぎ、天気もいいので温泉に行くことにした。

 

 

塩原温泉という昔ながらの温泉街に来た。

那須高原の温泉地がどちらかというと現代的な観光地的な感じなのに対してこっちは昔ながらのティピカル・温泉街という感じ。

 

 

紅葉がちょうどいい感じになっており、美しかった。

雲ひとつない晴れと強めの風、川の強い流れの音が合わさってゼン・アトモスフィアを生み出している。

 

 

ここに永住してえよな。

 

 

温泉街自体も味がある建物がいろいろ建っており歩いているだけで楽しい。

こういうお店の何割がまともに商売できてるんだろう…って思ってしまいますが、無粋ですね。おれも温泉街で骨董品屋とかやって暮らしてえ。

 

 

ぶらっと入った建物にいきなり萌え萌えパネルがドドンと出現してウワーッ!と声が出た。風情はどこ行ったんだよ。

なんか温泉むすめっていう全国温泉地の萌えキャラ化計画みたいなやつらしいです。ヤベ~

でもこのキャラの設定が色々なことに興味がある(塩原温泉は様々な泉質の温泉がある)とか11のひみつ道具を持ってるとか(塩原温泉は11の地区に分かれてる)とかちゃんと温泉地の特色を残しててふ~ん…やるじゃんって気持ちになった。何目線だよ。

塩原八弥ちゃん、推しキャラです。

 

散歩していい具合に体が冷えたところで温泉へ。

 

 

初めて来るところだったんだけど、川のすぐそばにあって目の前全部が山に覆われてる最高のシチュエーション露天風呂でテンションが上がった。

山奥の川沿い温泉の理想像を完全に満たしている。

川の流れる音、木々が強い風に吹かれる音、温泉が湯船に注がれる音…

精神のアセンションを感じた。

そこそこ高級な旅館っぽく、湯船も綺麗だったのでかなり満足。

やっぱ温泉はシチュエーションが重要だと思うんですよね~

入ったり出たりしてかなり長風呂してしまった。

夕暮れを眺めつつホカホカで帰宅。

すっかり日も暮れていたので夕飯。

 

 

今日はお好み焼きです。

実家でホットプレートを使う食事が出てくると謎にテンションが上がってしまう。特別感があるよ。

ソースとマヨネーズをアホほどかけて食べた。あらゆる粉ものはソースとマヨネーズを効率的に摂取するための土台にすぎない。

 

メシ食べてお茶飲んだりグラブルやったり(やめろ)テレビ見てたらあっという間にこんな時間。

楽しい秋休みももう明日で終わり。

 

f:id:ketunyo:20191112231955j:plain

 

食後にこんなハッピーセットが出てくる光景も今夜で見納めだ。

9日間は社会人の休暇としてはそこそこ長いのかもしれないが、人生のモラトリアムとしてはあまりに短すぎる。

 

終わり

 

11/11 ~秋休み7日目~

 

朝起き。

おばあちゃんが早朝から旅行に行っていて家中がシーンとしている。

誰もいないんかな~と思って居間へ降りたらおじいちゃんが静かにスッ…と朝食を出してくれた。これがデキる男か…

 

 

うまい。トーストに対してバターが過剰すぎる。

 

昼まで犬とピアノをして過ごす。

今日は犬がものすごく鳴くな~と思って見に行ったらトイレにどデカイウンチをしていてギョワ~!と声が出た。でもトイレにちゃんとできたのでえらいね~って褒めた。

おれもトイレでウンチしたらツイッタアーでやかましくアピールしたら褒めてもらえるかもしれん。

 

昼ごろボケっとしてたら仕事が休みの母さんからメシ行くべって言われたので行った。

 

 

最初行きたかったラーメン屋が閉まっていて、第二候補も閉まっていてこの写真に写ってるのは第三候補の店です。

うまかったので悔しくないです。本当です。

ナルトが乗っているしょうゆラーメン、大事にしていきたいですね。

 

お腹を慣らしにどっか行こうということになり那須アウトレットに向かった。

アウトレット、世界中に存在するスポットの中でもおれと縁のないスポットベスト3には入ると思われる。

おっこれいいじゃ~んと思った服が9000円とかするのでひっくりかえってしまう。9000円!?お金だぞ。

なんかすごい無難な服を無難な値段で買うに留まった。ユニクロジーユー以上の服のことがわからん。

母さんが長めに服を見てたので外でボケーッとしてたら一気に外が寒くなってきて凍死しかけた。

母さんに寒いから早くして…って言ったらウルセー!!気合で耐えろ!!!服買ったろ!!!(?)って怒られた。母子の絆ゼロか?

 

寒さで体が蛆虫になってきたのでお茶を飲みに行くことにした。

 

 

那須のいつものカフェでいつものメニューを食す。

変わらずうまい。

母さんと雑談しながらお茶を飲んでいたらアンタそろそろ彼女は…って話題になりそうだったので速攻で転換して犬がウンチした話にシフトさせた。年を取るごとにこの手の話題を避けるスキルが上昇していきます。

 

f:id:ketunyo:20191111235242j:plain

 

なんとなくメニュー眺めてたら説明書きが割と適当で笑った。

アイスオーレだけやる気がなさすぎる。おいしい。

 

下山したらすっかり日が暮れていた。

夕食にはまだ時間があったので風呂に行くことにした。

 

 

 

家から歩いて15分ぐらいのところにある旅館で日帰り温泉ができるという情報を掴み向かってみた。

なかなかどうして高級旅館の雰囲気があり風呂も綺麗でよかった。

誰もおらず貸切状態で夕暮れ風呂を楽しんだ。

 

ホカホカで帰宅。

おばあちゃんが旅行から帰ってきていた。

お土産と称してかまぼこを1万円分ぐらい買い込んでいた。かまぼこ屋さんでも始めるつもりか?

夕食食べたあとまたひたすらピアノを弾いていた。

 

 

弾いた。

弾くだけで小木曽雪菜と冬馬かずさの幻影が見えてきて涙腺がぶっ壊れてしまう呪いの曲。

絶対に冬馬かずさになるぞ。

 

今日も一日が終わる。

秋休みも終わりが見えてきてしまった。

今からタイムリープの勉強して秋休み初日に戻ろうかな。

 

終わり

11/10 ~秋休み6日目~

 

朝起き。

前日ふたばのスレダラダラ眺めてたら3時になっていて慌てて寝たのであんまり寝れなかった。

遅めまで寝るかな~と思ったけどおばあちゃんのどデカイ声と犬の鳴き声で強制的に起床した。起きたら犬がおしっこをトイレでしてたのでおばあちゃんがクソデカ大声で犬を褒めてたところだった。えらいね。

 

朝飯を食おうかなと思ってたらおばあちゃんに近くの道の駅で収穫祭の朝市をやってるので行くべと誘われたので行くことにした。

 

 

 

来た。

駐車場は満車で、人間がコミケ三日目東館並にいた(オタクが人数が多いことを表現するとき一般的に使われる比喩)

ローカル感溢れる出店や野菜店が並びワチャワチャとした活気に溢れていた。

 

 

なんと栃木県ではマンモスの肉が売られている。すごいですね。

ロースハムに見えますが気のせいです。ないしょなので。

隣のアベックセットもなかなかいい味を出している。

 

無料配布の野菜汁があったので朝食代わりにいただくことにした。

 

f:id:ketunyo:20191110230035j:plain

 

素朴な味がしてうまい。

寒かった体がじっくりと温まる。

無料だからなのか結構な人が並んでたんだけど店員のオバちゃんが爆速で汁をすくっては器に盛り付けネギをふりかけて七味をかける流れ作業を繰り返していた。精密機械か?コンピューターバアチャンだったのかもしれん。

 

f:id:ketunyo:20191110231044j:plain

 

ここの道の駅は近くに花がたくさん植えてある公園があったり青木邸っていうなんかよくわからない白い家があったりして時間が潰せる。

のんびり散歩していたら昼前になっていたので帰宅。

 

 

持ち帰ってきたピザを昼飯代わりに食う。

外出しようかな~と思ったんだけど日曜日だということに気づいて断念。日曜日に温泉に向かうということは即ち芋洗いに向かうことと同義である。

家でゆっくり過ごすことにした。

ピアノと犬を堪能していたら寝不足の代償で眠気が一気に来たので昼寝した。

 

起きたら日が沈んでいた。

貴重な休日が虚無に沈んだ。まあ…一日ぐらいこういう日があっても…

夕方から美容院の予約入れていたので髪を切った。

店員と天下一品はラーメンか否かという話をしていたら髪が切り終わっていた。結論としては天下一品はラーメンではないということでまとまりました。

 

帰宅して夕飯。

 

 

シチューが出てきた。

おれはシチューでバリバリご飯食べられるよ派なんですが、美容院の店員さんとこのことについて話してたら「シチューは汁物というカテゴリーで認識してるのでおかずとして見れない」という意見を聞けてなるほど~と思った。

おれはなんでもご飯のおかずとして食べれます。さつまいもの天ぷら以外は。さつまいもの天ぷらで白米食うやつはサイコ。

 

今日は一日をぼんやりと消化してしまった気がする。

気づいたらあと3日で休みも終わりか~

 

終わり